著名人からのコメント

この映画を見ている時間は、私にとってすばらしく味わい深いひとときでした。瞬時に、この名もない小さな家族に引き込まれ、うれしさや、かなしみの一瞬一瞬を共に感じあうことができたのです。繊細に、丁寧に、心を込めて表現されたとき、日々の暮らしがこんなにも人の心をとらえるとは、、、、。Bravo!

Philippe Weisbecker/イラストレーター

特別ではない、市井の人々の暮らしにおける細部にこそ、生きることの本質が滲み出る。ドキュフィクションとでもいうのだろうか、この映画の隅々に生が横溢していて、最初から最後までずっと清々しかった。

石川 直樹/写真家

もちは好物なんです。 その名をタイトルに冠した映画が公開されることに、まず感激。 しかも「めし」「うまぎ」と続く”潔し食タイトル日本映画”の系譜に連なることが、なんとも嬉しくて。 『もち』は、田舎で育った僕には、嬉しくて切なくて哀しくて愉しい映画。 スクリーンに映し出される一関の風景、風習、人、言葉、踊り、食卓に、青春の頃を想い出し、実家のもちが恋しくなりました。

江部 拓弥/danchu web編集長

わが家の隣にも住んでいそうな中3少女ユナ。その表情・動きを見、声(早口)を聞くうちに、胸がいっぱいになりました。鮮烈なラストシーンまで一気。ぼくらの国に明るい未来があるとしたら、これだ! すべての町の映画館でぜひ上映していただきたい1本です。

澤田 康彦/前『暮しの手帖』編集長、エッセイスト

忘れゆく記憶をなんとか未来へと橋渡しをしてきたことが、いつしか風習や習慣と なり、地域に根付き、家庭に根付き、文化となってきた。守るか、捨てるか、進化 するか。僕らは常にその岐路に立ち、大きな文化的、歴史的判断を求められて生活 していることに、等身大で気づかせてくれる。

相馬 夕輝/D&DEPARTMENTディレクター

ユナにそっくりな友達がいた。中学生だった30年前に引き戻されたかのよう。 時代の流れがいよいよ早い昨今、はたして800年変わらないとは。 取り残されたような暮らしが、今こそ愛おしい。

なかだ えり/イラストレーター

白い映画である。 餅は白く、雪は白く、息は白く、主人公の中学生ユナの肌もとても白い。 しかし、白色は何にも染まっていく色であり、餅にもさまざまな食べかたがある。 日本の古くからの共同体もいろいろに染まっていったが、この村はどうなるだろう。 そんな民俗の行く末を捉えた広川泰士のカメラもみごとである。

畑中 章宏/文筆家・編集者

時の経過と共に変わりゆき、忘れ去られようとするもの。 その流れと向き合い、忘れまい、残そうと努める人たちの営みのいじらしさ。 人の命をつなぐための食物「もち」が 同時に、変化の中を生きる人たちをつなぐものであることに打たれる。

藤田 千恵子/ライター

肌。 主人公の肌に引き込まれた。 私たちは、何を通して世界に気付いてきたのだろう。 彼女はおそらく、肌で全てを知ろうとしていた。 そのいつか消えてしまう尊さを思い出し、 私は、忘れたくない忘れてしまったものに 触れたような気がした。

前田 エマ/モデル

<五十音順>

TOP